栄養補助食品として

栄養補助食品として確固たる地位を築いてきた青汁ですが、これには青汁を粉末にする製法を確立できたことが非常に大きいかったのです。
液体のままでは鮮度も落ちますし、変色もします。

そこで登場したのが粉末タイプやフリーズドライタイプです。
製造工程で若干熱が加わりますので栄養素の減少がありますが、手軽さではこれに敵いません。
最近では、これをも凌ぐ進化を見せています。
サプリメントのような青汁粒タイプが登場しました。
効果も程も他のタイプのものには引けをとりません。



しかしながら必要量を摂取しようとすれば、多くの粒を飲まないといけない場合も有ります。
しかしながら、この手軽さは無視出来ません。
うまく使い分ければ、非常に良い商品と言えます。