痛風とは、関節炎の一種で、

高尿酸血症(血液中の尿酸値が高い状態)で、急性的に足の指や、足首、膝等が激しく痛む関節炎です。
日本人の1000人に1~3人がこの疾病を有していると推測されます。
因みに90パーセント以上が男性、発症年齢は40歳前後が多く見られますが、昨今は若年齢化が見られます。

 さて、通風に効果があるとされているもののひとつに青汁があります。
その理由は、前記のとおり、痛風は尿酸値の高い状態が引き起こす症状ですので、尿酸値を下げる治療を行う必要があります。
尿酸値を下げる効果があるものとしてビタミンAが挙げられますが、青汁には、ビタミンAが豊富に含まれています。
青汁を毎日飲むことで、尿酸値の低下と共に、日頃不足しがちなミネラル、ビタミンを補給することも出来ます。